行き遅れババア無料試し読み 看病しにきてくれた行き遅れBBAにヌいてもらうww

自分の会社に34歳独身の巨乳行き遅れババアがいます。
自分はババアの部下に当たりますが、会社でのババアは偉そうで厳しい、正直あまり好きではない上司です。
しかしとにかく身体がエロイので、何度もおかずにしたことがあります。
そんなババアが自分が風邪をひいた時に一人暮らしの自分の家に看病に来てくれたことがあります。
仕事でしか会ったことがないので、私服は始めて見ましたが、身体のラインが出るブラウンのニットワンピースにブーツで、爆乳がいつもよりも目立っていました。
化粧もいつもはシンプルなものなのに、ブルーのアイシャドウをつけて、「これは気合を入れてきたな」と思いました。
ババアはおかゆを作ってくれてベットで寝ている自分のところまで持ってきてくれました。
顔を見ると、やはり34歳肌にハリはありませんが、意外と可愛い顔をしています。
試しに「食べさせて」と甘えてみると、「仕方ないなあ」と言いながら食べさせてくれました。
距離も近かったのでもうこの時点で爆乳の身体しか見えておらず、お粥の味など分かりませんでした。
食べ終えてババアが食器を下げようと立ち上がった時、スカートの中が一瞬見えて理性が爆発し、ババアを後ろから抱きしめました。
「ちょっと」と一瞬抵抗を見せたものの、やや強引にキスをしたらもう抵抗はしてこなくなりました。
そこからはまさに「獣」のようにお互いを求めあいましたね。
ババアの身体はやっぱりものすごくエロくて、肌もすべすべ、良い匂いもして興奮しました。
朝まで3回も求めあい、最後は抱き合って寝ました。
今はセフレとして毎週末うちに泊まりに来ています。